紀伊すぽっとみ熊野ねっと


三村郷:紀伊続風土記(現代語訳)


三村郷 

浅里郷・三村郷全12ヶ村。浅里郷は佐野荘の乾(※北西※)にある。その乾(※北西※)を三村郷とする。

みな巽(※東南※)から乾(※北西※)に向かって相連なって北西は花井荘と相接する。西南は那智荘色川郷小口川郷に接し、東は大谷ノ荘野に接する。その長さを測ると東西3里半余り、南北5里半ばかり。熊野川が2郷の中央を貫いて流れ下り、新宮に至って海に入る。

2郷の諸村はみな川の両岸に臨んで村居をなす。土地は狭くて田地は少なく、日足村能城村の間、及び浅里村にわずかに広く開けている土地があるが、水漬の土地で毎年水害を受ける。

両岸とも山渓は深くなく、多く材木を出すことはできない。ゆえにだいたいみな寒村である。ただ舟行の間、両岸に峻絶の奇観があって目を喜ばせるだけである。

浅里郷のうち、高田の3村は別に1渓の中にあって天地を殊にする。最も僻遠ではなはだしく貧しい。

三村郷5ヶ村

 


お近くの宿


梛の葉ペンダント
梛の葉のペンダント:
み熊野ねっとYahoo!店

amazonのおすすめ

楽天のおすすめ

牟婁郡:紀伊続風土記