紀伊すぽっとみ熊野ねっと


西敷屋村:紀伊続風土記(現代語訳) 


西敷屋村 にししきや

篠尾村の南1里23町余り。山峰を越えて1里半にある。笹河谷の谷口にある。東敷屋村と川を隔てて相対す。敷屋の意味は詳らかでない。
  熊野の説話:高山・敷屋の地名の由来
  熊野の飲食店:手づくりパン工房 木造校舎

妙見社  境内森山周270間
村の中にある。東西敷屋と篠尾四村荘小津荷大津荷津荷谷の7ヶ村の産土神である(※6ヶ村の間違い? それとも1村書き漏らしたのか?※)。当社は宝徳2年の建立であろうか。長享元年の棟札に「司喜屋総領紀ノ兼吉同ノ一族中先祖父建立より38年再上葺」とある。また天正9年の棟札に「司喜屋総領紀ノ兼文先祖父建立より57年の後再上葺す」とある。宝徳2年兼好、永(※大永?※)7年兼種の上葺の棟札が正徳頃まであったが今は紛失した。

宗福寺  慈眼山 禅宗曹洞派新宮城宗応寺末。村の中にある。

笹河谷
源は篠尾村大峠に出てて流れること2里18町、当村にて大川(※熊野川※)に落ち合う。

日尾の瀧
笹河谷の枝谷椎谿にある。高さ14間。

折敷島
大川の中、四村荘小津荷村との堺にある。水中に没す。3間四方。

和歌山県新宮市熊野川町西敷屋

読み方:わかやまけん しんぐうし くまのがわちょう にししきや

郵便番号:〒647-1221

田辺市本宮町の観光スポット宿泊施設

お近くの宿


梛の葉ペンダント
梛の葉のペンダント:
み熊野ねっとYahoo!店

amazonのおすすめ

楽天のおすすめ

牟婁郡:紀伊続風土記