紀伊すぽっとみ熊野ねっと


大田荘:紀伊続風土記(現代語訳)


大田荘 おおた 全16ヶ村

大田荘全16ヶ村、東は那智荘と接し、西は三前郷と接し、北に色川郷がある。南一面海に面して、ある所は湾をなし、ある所は觜をなす。おおよその地勢は坤(※西南※)から艮(※東北※)の方向におもむく。

だいたい東西3里、南北2里半ばかり。当荘は口熊野・奥熊野の界で奥熊野の西南の隅である。奥熊野の地は曽根荘から東を除いてすべて古の神戸の地である。

大田の称は中里村の中に大田という字があることから起こった。後世に泰地氏がこの地を領したことから荘名が初めて起こった。泰地氏が没して堀内氏の領となったという。その詳細は今は知りがたい。大田川が荘の中央を貫き流れ、川に傍らに諸村がある。

諸村は上中下の部に分かれる(長井村高遠井村中野川村の3村を上村と称する。これに対して海口にあるものを下里という。中里は今は1村の名であるが、荘村和田村大居村八尺鏡野村市屋村などの村がみな中里の部であったのであろう)。

地はやや開け、山もまた高くない。平田が多く、沃□の形がある。しかしながら大田川の傍らにあるので、毎年水災を患うという。両際の山はみな雑木で専ら薪柴の用に供する。この荘は新宮城に属する(荘中下田原浦1ヶ村は公領である)。

○大田川
源は色川で当荘に入って大田川と称する。荘中を流れる川の全長は3里ばかり。乾(※北西※)から巽(※東南※)に流れ、下里村に至って海に入る。海口より全4里半ばかり船便を通すという。両岸に巌石がなく流れは平穏で船の通いに都合がよい。そのため熊野川・古座川のような奇観はない。

大田荘16ヶ村

 


お近くの宿


梛の葉ペンダント
梛の葉のペンダント:
み熊野ねっとYahoo!店

amazonのおすすめ

楽天のおすすめ

牟婁郡:紀伊続風土記