紀伊すぽっとみ熊野ねっと


下村:紀伊続風土記(現代語訳)


下村 しも 小名 井原(いはら) 大屋(おほや)

大神社(芳養王子跡)

 田畑高 359石5斗9升8勺
 家数  292軒
 人数  1208人

日高郡南部荘境村の巽(※東南※)に25町にある(熊野街道の側袖摺石をもって郡の境とする)。村居は海に浜して熊野街道にある。荘の下で海口にあることをもって下村の名がある。当村は漁戸商家相雑ざり、造酒家もある。また鰹節を製造する小名も2つある。井原・大屋という。みな芳養川を隔てて村の西にある。村の東の浜沿いに松原という地がある。古くは芳養荘の地であったが、今は田辺荘に属する。

若一王子社  境内周120間
 摂社2社 愛宕社・庚申社  末社3社 若宮・后御前社・八王子社
  拝殿
村の中にある。下芳養荘4ヶ村(下村・芋村中村境村)の産土神で『御幸記』に芳養王子とあるのはこれである。湯川家が領主のとき寄付の田5町余りあったとか。神主1人と社人4人がいる。古文書神宝の類は寛永4年津波で流失したという。

大神社(芳養王子跡)
  熊野の観光名所:大神社(芳養王子跡)

小祠5社
 稲荷社  社地周40間。村の北にある。氏神の社という。
 衣美須社  社地周8間。村の中、浜の端にある。
 衣美須社 龍神社  2社ともに小名井原の浜にある。社地周8間。
 玉置山権現社  井原にある。社地周8間。

善徳寺  海宝山 浄土宗西山派名草郡梶取村総持寺末
村の中にある。本堂(方5間)、釣鐘堂、僧坊などが備わる。天正中に湯川式部大輔が建立したという。

長願寺  井原にある。山伏の支配である。

廃極楽寺跡  村の東にある。元亀天正の頃退転したという。

泊山ノ城跡  
井原の西にある。南の方、海に臨んで熊野街道の側にある。東西30間、南北45間。湯川氏の城である。天正中湯川氏が亡んで大和大納言より杉若越後守を城主とする(このことは田辺城の条および日高郡小松原村の条に載せる)。荘中に砦の跡がはなはだ多い。みな湯川氏の築いた砦という。

旧家    目良幸作
熊野別当湛増の後で田辺城下の田所弥三左衛門と同家である(このことは詳らかに田所氏の条に載せる)。数代、芳養組の大庄屋役を勤める。畠山家よりの文書数通並びに永禄5年家祖の戦功のことを書き記した1巻がある。

和歌山県田辺市芳養町

読み方:わかやまけん たなべし はやちょう

郵便番号:〒646-0056

田辺市の観光スポット宿泊施設

お近くの宿


amazonのおすすめ

楽天のおすすめ

牟婁郡:紀伊続風土記