紀伊すぽっとみ熊野ねっと


下湯川村:紀伊続風土記(現代語訳)


下湯川村 しもゆかは

渡瀬村の西8町ばかりにある。湯峯村の温泉の西8町ばかりにあって温泉の水がこの村に流れ落ちることから下湯川の名がある。
  熊野の観光名所:湯の峰温泉
  熊野の宿:湯の峰温泉の宿泊施設

淵龍寺  薬王山 禅宗臨済派海部郡由良興国寺末、村の巽(※東南※)にある。

暗渠(ほりぬきみぞ)
この村と檜葉村と南北の間、山岡が中間を隔てるので、正徳3年、官より檜葉村の内の串崎という所と下湯川村との間、山腹1町余りの間穴を穿って渠となし、水を引いて田に引き入れる。安宅荘安居村の暗渠とだいたい同じ。

和歌山県田辺市本宮町下湯川

読み方:わかやまけん たなべし ほんぐうちょう しもゆかわ

郵便番号:〒647-1734

田辺市本宮町の観光スポット宿泊施設

お近くの宿


梛の葉ペンダント
梛の葉のペンダント:
み熊野ねっとYahoo!店

amazonのおすすめ

楽天のおすすめ

牟婁郡:紀伊続風土記