紀伊すぽっとみ熊野ねっと


周参見荘:紀伊続風土記(現代語訳)


周参見荘 すさみ 全8ヶ村

稲積島

周参見荘全8ヶ村。東は潮崎荘と接し、西は安宅荘と界し、北は城川荘と界し、東北隅は佐本荘と接する。だいたい東西3里余り、南北6里半ばかり。1荘の中で太間川村小河内村は山中にあって最も寒村である。その他は海浜にあって(和深川村は海に臨まない)農漁を兼ねるので山中に比べれば生産をなしやすい。

周参見浦は口郡の郡府あここにあるので戸数も多く家立もよいが、川は小さく船便はなく、海は湊形があるが、船掛かりがないので人民は富をなすべき元手がない。当荘より巽(※東南※)口熊野の地を尽くして古の三前郷の地である。後世、周参見氏が当荘8ヶ村を支配する(周参見浦の王子権現条下、江住浦の春日明神条下にそのことが見える)。よってこれを周参見荘とする。

周参見荘8ヶ村

 


お近くの宿


梛の葉ペンダント
梛の葉のペンダント:
み熊野ねっとYahoo!店

amazonのおすすめ

楽天のおすすめ

牟婁郡:紀伊続風土記