紀伊すぽっとみ熊野ねっと


佐野荘:紀伊続風土記(現代語訳)


佐野荘 さの 全5ヶ村

佐野荘全5ヶ村は、東南は海に浜し、西北は那智荘及び浅里郷に接し、正北は新宮に連なっている。その広さは東西2里ばかり、南北2里余り。神武紀に「遂に佐野を越えて熊野の神の邑に到る」とある佐野は、すなわちこの佐野で、地形に拠って考えると字は狭野と書くのを正字とするべきだ。佐野は古に名高く歌人の詠が多い。

嘉永の後、この荘は鳥居禅尼の領となる。禅尼が没した後は子息の長詮法橋にこの荘を相伝したことが『吾妻鏡』に見える。

石垣氏が代々この地の下司職であったという。後世には新宮堀内氏の領となる。宇久井村佐野村三輪崎村の3村は往還にあって海浜に臨むので、村民はみな農漁を兼ね、衣食の業は乏しくなく、村の品位もみなよい。


佐野荘5ヶ村

 


お近くの宿


amazonのおすすめ

楽天のおすすめ

牟婁郡:紀伊続風土記