紀伊すぽっとみ熊野ねっと


佐本荘:紀伊続風土記(現代語訳)


佐本荘 さもと 全14ヶ村

佐本荘全6ヶ村は、坤(※西南※)周参見荘に接し、東は三前郷に堺し、北は七川谷郷に隣する。

諸村は1つの谷の中にあって、谷の流れは坤(※西南※)に起り、東で七川谷郷の谷が合流する。その合流の所にあるものを長追村とする。その次を深谷村とする。2村の間は2里ばかり。山高く谷深く両岸は険しく狭く、1荘の門戸のようである。これより奥は山低く谷浅く、少しばかり平田があって1区域をなしている。民居産業尋常の山村で別に異なる風はない。

佐本は狭所の意味で1荘の形によってその名が起こったのであろう。大鎌村・里川村の2村は三前郷三尾川村の上流にあって荘中の諸村と谷を異にするが、その地は接近して自同域のようである。ゆえにこの荘に所属する。荘の広さは東西3里余り、南北1里半余りである。

佐本荘14ヶ村

 


お近くの宿


amazonのおすすめ

楽天のおすすめ

牟婁郡:紀伊続風土記