紀伊すぽっとみ熊野ねっと


岡村:紀伊続風土記(現代語訳)


岡村 おか 小名 岡川(おかがわ)

田中神社

 田畑高 987石4斗5升5合3勺
 家数  148軒
 人数  625人

岩田村の北、岩田川の北の枝谷にあって、岩田村小名尾崎と同じ谷にある。乾の方(※北西※)は、田辺荘新庄村三栖荘中三栖村下三栖村栗栖川荘西谷村などと堺する。三栖よりの往還にて岡越という熊野古道である。この地は渓間にて土地が高い。よって岡の名がある。小名岡川は村の艮(※東北※)、40町ばかり溪を入った所にある。三栖荘馬我野村と山を境にする。

八上王子社  境内森山周4町余
 末社 稲荷社  拝殿  経堂
三栖荘下三栖村より越える路傍にある。1村の産土神である。『御幸記』に「ヤガミ王子」とあるのがこれである。八上は谷上(やかみ)の意味であろう。僧西行が当社の桜を見て詠んだ歌を『山家集』に載せる(その歌、三栖荘の三栖山の条に載せた)。境内に松の大樹がある。

八上王子
  熊野九十九王子:八上王子
  熊野の歌:西行
  熊野旅行記:藤原定家『後鳥羽院熊野御幸記』現代語訳3

田中明神社  境内森周250間
宮代という所にある。祀神は弁財天という。1村の産土神とする。拝殿がある。

田中神社
  熊野の観光名所:田中神社

小祠2社
 八幡宮  社地周278間、小名岡川にある。岡川の産土神である。
 弁財天社 社地周7間、平野という所にある。

普大寺  龍雲山  禅宗関山派京妙心寺末
村の中にある。境内に古い石塔がある。応永3年11月15日橘忠実が母のために供養と書してある。本堂(5間、4間半)、僧坊(5間半、6間)、薬師堂がある。

観音堂  小名寺尾という所にある。

国陳山砦跡  村の南岩田村の堺にある。東西28間、南北34間。

尻付山砦跡
村の乾(※北西※)中三栖村との堺にある。東西6間半、南北8間。共に山本主膳正の出城という。

旧家   井□清介
和田新兵衛行忠の子を楠本六郎忠実という。山本氏の婿となり、三栖村と当村を領し、龍口城(下三栖村)に居城する。その6世の孫を忠延という。永禄年中に三好氏のために城を落とされる。山本主膳に頼って当村に住む。井□清介はその婿である。清介は古くは信州諏訪の人である。また山本氏の客であった。山本氏が亡ぶと、妻の家に行って山本の家を併して当村に住んだ。子孫は荘屋役を勤める。清介の子孫の長男は井□の家を続け、代々当村に住む。次男は田辺城下に移り、楠本の家を立て商売人となるという。

和歌山県西牟婁郡上富田町岡

読み方:わかやまけん にしむろぐん かみとんだちょう おか

郵便番号:〒649-2101

上富田町の観光スポット白浜の宿泊施設

お近くの宿


amazonのおすすめ

楽天のおすすめ

牟婁郡:紀伊続風土記